尾行調査を得意とする探偵・興信所

尾行調査を得意とする探偵・興信所

<プロフェッショナルによる安心の尾行調査>

 

 

尾行調査により足で情報を稼ぐ業種といえば「探偵や興信所」と言えるでしょう。この尾行調査に対するスタンスは人間が現場での調査を実施する間は変化することが無く、現場での証拠などの撮影に関しても「現場の空気感を読める探偵個々の能力」が問われることに長年変化は有りません。探偵や興信所に所属し現場で調査を実施する人物に必要な能力も将来的に大きな変化はないことでしょう。尾行調査は将来的にも継続的にご依頼者様のニーズに応える調査であると言えます。そして、尾行調査を得意とする探偵や興信所は「尾行調査の能力が高い探偵を教育し実践投入する」ことが日常的な急務となるのです。

 

 

当社がご提供する尾行調査は「専門的な教育を受けた探偵が実務10年以上の経験値」を有する「プロフェッショナルな探偵」により実施され、ご提供させていただいております。

 

 

私共は多くの探偵や興信所と異なり、アルバイトの探偵を調査に投入いたしません。全ての探偵は「探偵事務所・興信所の実務の経験豊富なプロフェッショナルのみ」で実施させていただきます。調査時間や期間も未熟な探偵を投入しない分、スムーズな尾行調査が実施可能になり現場から持ち帰る個々の情報量も極めて多いという状況にあるのです。

 

尾行調査で重要なポイントとなる移動手段にも可能な限り対応し、ご依頼者に安定感のある尾行調査により取得した調査結果をご提供させていただきます。

 

 

 

<尾行調査で得られる情報の使用目的>

 

探偵業法の施行により、探偵は調査委任契約をご依頼者と締結する際に「調査で得た情報の使用目的を明確にする」ことが義務付けられています。犯罪行為を助長する調査を無くすためには必要な項目ですので「ご依頼・ご相談の際には皆さんにお伺いする」ことになります。そして、お伺いしたお話しを基に「探偵が尾行調査を実施可能か?」判断させていただいております。探偵事務所や興信所に足を運ぶ方々には不快な思いをされる方もいらっしゃるでしょうが、皆さんにお話しをお伺いしている項目ですのでご協力の程宜しくお願いいたします。

 

 

 

 

<恋愛関係に関わる尾行調査は慎重に>

 

恋愛関係にある人物からのご依頼は判断が困難となります。何が困難かと申し上げますと「恋愛がらみのご依頼は多くの場合、ご依頼者側ワンサイドからの主張を100%信じて」ご依頼が正当な尾行調査を実施する理由であるか判断しなければならない点があるからです。多くの恋愛がらみの尾行調査は「浮気していないか?」疑惑のもとに実施されますが、過剰に浮気を疑い、過剰に恋愛相手を独占しようとする気持ちが大きいご依頼者やご相談者はストーカーと紙一重に思えるのです。

 

 

探偵は自身の利益のためにこのようなケースの判断を間違えてはいけないと法規上で定められております。

 

 

当然、探偵個々の倫理観が問われる場面でもあり、業務にしてしまえば報酬が発生し利益となります。しかし、判断が甘く「ストーカーであり、調査対象に付きまとう過去の恋愛相手」であったならば「探偵は判断を誤った」という状況になり、何らかの行政処分を受けることも覚悟しなければなりません。現代の探偵業は倫理なくして務まらない業務を実施しているのです。

 

 

 

 

<派閥による不公平を解消する尾行調査>

 

多くの組織には大なり小なり「派閥」が存在し人間関係を形成しているものです。少数で運営される会社や店舗においても同様な関係性は存在することでしょう。少ない人数で多くの利益を生み出したいと考える企業が数多く存在する現代社会では「狭い空間であっても数人で派閥が存在する」ことは珍しくありません。過去に当社が手掛けた調査案件にも「少数の人物で形成される店舗が勤務先」のご依頼者様が勤務される店舗において、パートタイムで勤務する人間で派閥が存在し「休みや勤務時間帯を優遇」する状況にあり悩んでいるご相談をお受けした経験があります。このような悪質な派閥は周囲の反感を受け入れることは有りませんので「優遇される者」と「我慢する者」が存在することになります。業務上「正当性に欠ける」行為である以上は改善を求めることが当たり前の常識であり主張となりますが、「多勢に無勢」は人間社会において厄介な状況と言えるのです。このような不公平を打開するべく「派閥のリダーの尾行調査」を実施し、ウィークポイントを見つけること目的に数日間「休日も含めて尾行」を実施したところ「店舗の社員男性と肉体関係にある事実」を取得したのでした。この事実により「女性の派閥は脆く崩れ去り」ご依頼者様と他数名の不公平は解消する運びとなりました。

 

 

 

このような尾行調査による調査案件は確実に存在します。

 

 

そして、社会的弱者である立場の人物は泣き寝入りすることが日常的とも言えることでしょう。しかし、少数ではありますが泣き寝入りしたくないと考えるご相談者やご依頼者は「費用とは別の価値観で尾行調査をご依頼される」現状にあると言えるのです。職場環境をどうしても改善したいと考えるならば一つの手段として尾行調査は有益なケースも存在するのです。

 

 

 

 

<探偵業界の適正化と尾行調査>

 

当社がご提案する尾行調査のプランは「他の探偵や興信所が現実に調査不可能」と判断される調査も実施した調査力をもとに実施され、ご依頼者の満足度も高評価な調査としてご提供させていただいております。しかし、原則として探偵業法に抵触すると判断される目的に対する尾行調査は実施いたしません。当社が探偵業務をこの先も継続し、多くのご依頼者様に満足をご提供する為に必要となる判断と考えております。この点においてはご相談者様・ご依頼者様に認識して頂き、不可能な調査も存在し、お引き受けできない調査案件も存在することを広く知っていただき、今後の探偵業界の適正化に微力ではありますが尽力したいと考える次第であります。